漫画メモとか。
日常生活と漫画(4コマ多め)と廣田眞胤さんについての雑記。
>> ホーム
>> RSS1.0
カレンダー

10 | 2017/03 | 11
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

最新記事

カテゴリ

プロフィール

Author:seba0623
せばと言います。
漫画・青春ミステリ・東海林さだおさんのエッセイが好物。

読書メーターに登録しております。
小説とか:こちら
漫画とか:こちら

連絡先等

何かメッセージ等ございましたら、こちらへどうぞ。
リンク等は言うまでもなくフリーです。

月別アーカイブ

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告
[ --/--/--(--) --:-- ]

映画『学校の怪談3』を見ました。
我ながら、漫画と関係ない話が2日続くってのも珍しい。あ、だけどこの作品はコミック版もありましたよね、確か。紛失してしまいましたが……

というわけで、『学校の怪談3』を見ました。やっぱり前田亜季ちゃん(敢えてこう呼びたい)は可愛かったです。僕が架空の人物を通して、フィルム上の現実の少女に恋をしたのは彼女が初めてだったんだよなあ。そのちょっと前に、『トイレの花子さん』でお姉さんの愛さんにオチそうにはなりましたが。ローティーンのアイドルをチャイドルなんて呼んでた時代ですよね、確か。

作品の出来そのものは、3はイマイチでした。当時も1、2の方が楽しめたような記憶があります。
ファンタジーとはいえ、人を想う気持ちが云々とか言われると、コレジャナイ感を覚えてしまう。異世界への出入口や、怪しげなガジェット(1の埴輪とか)を用意さえしてくれれば、それでいいんです。人間の力だけじゃどうしようもないんだけど重要アイテムさえあれば大丈夫っていう、絶望なんだかそうなんだか分からん感じが欲しかった。
あと、コメディパートに微妙に違和感。特に妖怪をボクシングで倒すシーンが、コミカルを通り過ぎてしまってる気がするんですよね。これは昔も首を捻ったとこだったなー。

で、先程wikipediaを眺めてて気付いたんですが、この3だけ監督が違うんですね。金子修介監督の作品だったのか……道理で、恐竜の骨格標本が生徒達を襲うシーンは演出とかその辺りの出来がいいと思いました。とか書くと、ちょっとこじつけっぽいか。

さて、今日は『学校の怪談4』が放送されるようなので、これも録画しておこう。怪獣じみた妖怪が出てこない分、ある意味最も怪談らしかった気もします。途中からわけ分からなくなりますが……
しかしここまできて2だけ放送しないってのも寂しいなあ。2って確か、シリーズ中最も観客動員稼いでた人気作だったんですよね。残念ながら、僕はところどころ(前田亜季ちゃんが可愛かったとか、岸田今日子さんが怖かったとか)しか覚えてないんで、こちらも久々に見たい。DVDとか出てるんなら借りてこようかなあ。

雑記 | トラックバック:0 | コメント:0
[ 2009/08/12(水) 02:32 ]

映画『学校の怪談』を見ました。
昨日の昼過ぎ、テレ東で『学校の怪談』が放送されてたのをついつい見てしまいました。
放映された当時、僕もまだ小学生だったので、同年代の登場人物達に感情移入しつつ、どうしてウチの学校には旧校舎がないんだ、みたいなことを考えてた記憶があります。
仮に旧校舎があったところで怖がりだった僕はどうせ入れなかったと思いますが、劇中でトラブルを乗り越える内に男子と女子が仲良くなる様子を見て、その部分に抱いた憧れが、冒険を予感させる旧校舎そのものへの憧憬と重なったんだろうなあ。

しかしこの年になってやっと気付いたんですが、これでもか! ってぐらい先生が女子生徒の体を触ってますね。非常時だから仕方ないのは分かるんだけど、役得だなアレ。酷い時はおっぱいに腕当たってましたよ。まあ出演者に、僕の好みの子がいたわけでもないんで、羨ましいかと聞かれるとそうでもないかなあ、ってことになっちゃうんですが(←×

さて、今日は『学校の怪談3』が放送されるそうなので、そちらも見ようかなと思います。当時、前田亜季さんのスカートから覗く足が眩しかった。2だったか3だったか(両方に出演しています)でその可愛さに衝撃を受け、天てれをまたチェックするようになったんだよなあ。『しおり伝説』とかいうドラマも録画してたような記憶があります。あんまり面白くなかったけど。

そういえばこれ、当時の小学生の間で怪談やら都市伝説やらがブームになってたのを受けて制作されたんですよね。確かに当時の熱中ぶりは凄かった。あの頃に比べたら、オカルト自体が下火になってしまったわけだけど、小学生は今でも怪談とか好きなのかなあ。

雑記 | トラックバック:0 | コメント:0
[ 2009/08/11(火) 02:55 ]

藤子・F・不二雄大全集の第1回配本が始まりました。
よく利用してる近所の本屋で全巻予約してたんですが、その店は今夏から来春にかけて改装工事のため一時閉店するらしく、系列店で受け取ってきました。そちらにはあまり足を運ばないんですが、普段使ってる店でたまに見かける店員さんがいてびっくり。店舗を横断してるってことは、あんなぼんやりとした人が社員なのか……

日記用090725

まあそんなことはどうでもいいですね。タイトル通り、昨日は藤子・F・不二雄大全集の第1回配本日でした。僕みたいなぬるいファンからフリークまで、多数の方が心待ちにしていたんではないでしょうか。発売されたのは『ドラえもん』『オバケのQ太郎』『パーマン』の第1巻。おお、オバQ……実はちょこちょこと見たことはあったんですが、こうやって手元に単行本を置くのは初めてなのです。何だか髪の毛をぷちっと引き抜きたくなるくらいに愛らしいフォルムですね。
それにしても、『ドラえもん』の分厚さにふきだしてしまった。ポケット六法ばりに重いです。これと同じようなものがまだ何冊も発売されるだろうし、本棚の空きを確保しておかないとなあ。

土日はこれをじっくり読んで過ごしたいなあ。定期試験期間な上に、既に1つ単位を落とした気がするのでこれ以上ミスできない身としては、そうも言ってられないんですが。

テーマ:日記 - ジャンル:アニメ・コミック

雑記 | トラックバック:0 | コメント:0
[ 2009/07/25(土) 02:25 ]

ガンダム見て来ました。
お台場の潮風公園に設置された、等身大のアレです。友人が見物に行くというので、それならばこの機会に僕も見ておこう、と休日のお台場に足を運んで来ました。フジテレビに行く人やら、ビッグサイトに行く人やらで、ゆりかもめは通勤ラッシュ時の山手線を彷彿とさせる混雑具合。辛かった……

さて、肝心のガンダムですが、一目見て思わず「デカイなあ」なんて呟いてしまう程の迫力でした。来月末までは展示されているらしいので、興味があってお暇な方は、是非その目でご覧下さい。

ガンダム・正面
正面から見ると、そのカッコよさが堪能できます。

ガンダム・背面
背面を覗いてみると、細かいところまで作り込んであるバーニアに唸らせられたり。

ガンダム・足
真下のスペースまで行けるので、そこでは足を撮影。ついでにぺたぺた触ってきました。

デジカメを忘れてしまったのが悔やまれるなあ。

雑記 | トラックバック:0 | コメント:0
[ 2009/07/20(月) 01:03 ]

COMICS JUNKUDO津田沼店。
『毎週火曜はチューズデイ!』のペーパーが欲しかったので、秋葉原に遊びに行くついでに足を伸ばしてみました。
ビルの1フロアをほぼ丸々使っていたので、結構広かったです。棚と棚の間隔は大きくとってあって、ゆったりと見て回れました。多少混雑しても、何ら問題なさそう。品揃えも悪くなかったですし、使い勝手はなかなか良さそうですね。
ただ、僕の生活圏からはやや離れているので、あまり利用する機会はないでしょうが……

日記用09・07・12
レジ横に『恋愛ラボ』『Smileすいーつ』の複製原画展のスペースがあったので、パチリと撮影(店員さんに許可はとってあります)。カラー原稿や、文字の多いコマ(『恋愛ラボ』で、生徒会宛ての相談が書いてある紙が出てくる場面とか)なんかは、こうした大きめのサイズの方が細かいところまで見られていいですね。

漫画の感想でも書こうと思ってたんですが、目がしぱしぱするのでもう寝よう。

雑記 | トラックバック:0 | コメント:0
[ 2009/07/12(日) 02:59 ]

前のページ 次のページ
copyright © 2017 漫画メモとか。 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / NetMania


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。