漫画メモとか。
日常生活と漫画(4コマ多め)と廣田眞胤さんについての雑記。
>> ホーム
>> RSS1.0
カレンダー

10 | 2017/03 | 11
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

最新記事

カテゴリ

プロフィール

Author:seba0623
せばと言います。
漫画・青春ミステリ・東海林さだおさんのエッセイが好物。

読書メーターに登録しております。
小説とか:こちら
漫画とか:こちら

連絡先等

何かメッセージ等ございましたら、こちらへどうぞ。
リンク等は言うまでもなくフリーです。

月別アーカイブ

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告
[ --/--/--(--) --:-- ]

おこしやす(3)/久保田順子
京都に住む3人の大学生、呉服屋の娘であるゆいな(表紙)、その友人のあこと銀二の日常生活のあれこれを描いた作品。舞台となる京都の言葉や文化財、独特の慣習等に関しての話が多め。舞台とは関係無く、普通の4コマとして成立する話も勿論ありますが、やっぱり大きな特徴は前者かな。
他県からやって来た「男性」である銀二と、幼い頃から京都で育った「女性」であるゆいな、あことの意識のズレがなかなか面白い。僕なんかはずっと関東住まいな上に男なんで、銀二同様色々な事が新鮮に思えます。

こちらで試読が出来ます。ただ、以前も書いたように、次の新刊が発売される頃には見れなくなってしまいますので、ご注意を(追記:リンクを貼り直し済)。

4コマ漫画と言っても、幾らかストーリーの進展があるものが多い中、この作品(と言うか、単行本化されている久保田順子さんの作品全般)は基本的に全て1つの4コマで完結しています。
前後のものとの関連性すら無いのがデフォなので、適当に開いた部分からパラパラ読むなんて事も可能。そのため、間を取るための4コマを挟んだりなんて演出も見当たらないので、その手の作りが嫌いな方にはオススメです。
逆に、幾らかは人間関係なんかが進展してほしい、少しは物語性が欲しいなんて方には物足りないかもしれませんね。

さて、この単行本の見所として挙げられるのが、同時収録の『京都見て歩記』なる散策漫画。作者である久保田順子さんが、京都のお寺やら城やら街並みやらをタイトル通り見て歩き、それを短い漫画仕立てにしたものです。
毎巻何回分か載っているんで、ちょっとした観光気分が味わえて良いです。僕としては、これも結構楽しみだったり。

久保田順子さんのサイトはこちら→"ぴよぴよの家"


スポンサーサイト

テーマ:漫画の感想 - ジャンル:アニメ・コミック

まんがタイムコミックス | トラックバック:0 | コメント:0
[ 2008/12/08(月) 00:00 ]

<<おねがい朝倉さん(8)/大乃元初奈 | ホーム | でろでろ(14)/押切蓮介>>

コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://seba0623.blog65.fc2.com/tb.php/40-f4935ace
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

copyright © 2017 漫画メモとか。 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / NetMania


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。