漫画メモとか。
日常生活と漫画(4コマ多め)と廣田眞胤さんについての雑記。
>> ホーム
>> RSS1.0
カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最新記事

カテゴリ

プロフィール

seba0623

Author:seba0623
せばと言います。
漫画・青春ミステリ・東海林さだおさんのエッセイが好物。

読書メーターに登録しております。
小説とか:こちら
漫画とか:こちら

連絡先等

何かメッセージ等ございましたら、こちらへどうぞ。
リンク等は言うまでもなくフリーです。

月別アーカイブ

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告
[ --/--/--(--) --:-- ]

ノロマジョ(1)/青本もあ
ノロマジョ(1)
ノロマジョ(1-01)

コミックアライブにて連載中の漫画の単行本。
地味な魔法しか使えない魔法使い見習いのニシキ(裏表紙・半ズボン)と、魔法を吸収し無効化する禁術「呪イ」を受けながらも、持ち前のぼけぼけとしたキャラで「マジョッコ」を目指すゆとり(表紙)を巡る出来事を描いている作品です。

第1話の試読がこちらで可能なので、どうぞ。

作中における「呪イ」というのは、「人が人でなくなる」と言われる程に恐ろしいものらしいですが、当人であるゆとりは全然気にしておらず、彼女のそのお気楽な言動のおかげで、設定の割に話はゆるい感じに楽しめます。

ノロマジョ(1-02)
色々な場面で登場する、何も考えてなさそうなデフォルメゆとりが可愛い。それはさておき、無邪気に人のものを盗るような「マジョッコ」志望ってどうなのかなあと思ったんですが、友人であるカーチャン(画像・眼鏡っ娘)に諭され、そのことをすぐにニシキに謝っているので、単にゆとりは精神的に幼いだけなのかもしれません。そのことと、「呪イ」との間に関連があるのかどうかがちょっと気になるところ。

そんなゆとりと触れ合っている内に、僅かなプライドと落ちこぼれ意識とでやや屈折していたニシキも、年齢相応に素直になっていきます。それでもまだ色々と思うところはあるんだろうけど、青本もあさんの前作『おまかせ精霊』のキャラ達同様に、ちょっとずつ成長していく姿を見せてくれることを期待。

さて、1巻の後半からは、ニシキに好意を持つ少女・マツオウジも登場。この子がとんでもなく乙女チックな妄想癖の持ち主で、ちょっと心惹かれてしまいます。

ノロマジョ(1-04)
ニシキが美化され過ぎててふいた。ちなみに画像2コマ目の少年は、マツオウジの通訳的ポジションのウスヒラ。

このマツオウジ、お姉さんが魔術師養成学校に通っているとのことで、携帯で連絡を取り合っているようなシーンがあるんですが、その携帯に何らかの魔法がかかっていたらしく、ゆとりが触れた途端にその魔力が吸収されてしまいます。で、その結果として、お姉さんとの通話が不可能に(このエピソードは今巻には掲載されていませんが)。

ノロマジョ(1-03)
そしてこれは、お姉さんと通話中のマツオウジの携帯を、ウスヒラが拾おうとするシーン。上記のこととこのウスヒラの表情を併せて考えると、マツオウジの携帯は実は何処にも繋がってなかった(魔法によって、お姉さんと通話してるように思い込んでただけ)だとかそういう話も考えられるんだけど、あんまり(僕の心に)ダメージのない展開だといいなー。

青本もあさんのブログはこちら→"本格青本"


スポンサーサイト

テーマ:漫画の感想 - ジャンル:アニメ・コミック

4コマでない漫画 | トラックバック:0 | コメント:0
[ 2009/08/05(水) 01:48 ]

<<でろでろ(16)/押切蓮介 | ホーム | ラジオでGO!(2)/なぐも>>

コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://seba0623.blog65.fc2.com/tb.php/200-7885419d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

copyright © 2017 漫画メモとか。 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / NetMania


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。