漫画メモとか。
日常生活と漫画(4コマ多め)と廣田眞胤さんについての雑記。
>> ホーム
>> RSS1.0
カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新記事

カテゴリ

プロフィール

seba0623

Author:seba0623
せばと言います。
漫画・青春ミステリ・東海林さだおさんのエッセイが好物。

読書メーターに登録しております。
小説とか:こちら
漫画とか:こちら

連絡先等

何かメッセージ等ございましたら、こちらへどうぞ。
リンク等は言うまでもなくフリーです。

月別アーカイブ

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告
[ --/--/--(--) --:-- ]

木造迷宮(2)/アサミ・マート
木造迷宮(2)

COMICリュウにて連載中の女中さん漫画の単行本。
鳴かず飛ばずの小説家であるシバタニコーイチ(通称ダンナさん)。そんな彼の家には、素直で可愛く仕事もきっちりこなす女中のヤイさんが住み込みで働いていて、彼の日常生活にほんのちょっとした彩りを添えてくれます……そんな感じの、2人が積み上げていくスローライフを描いた作品です。

帯にもあるように、女中さん萌えとでも言うべきものが作中には溢れているわけですが、ヤイさんのそのお淑やかさと相俟って、決してそれが自己主張し過ぎていないのが好印象。割烹着に下駄をつっかけた「女中さんスタイル」と、アサミ・マートさんの淡いタッチで描かれる、何処かレトロな風景とが合わさって作られる空気感の中で、ヤイさんの一つ一つの所作がとっても自然に見えてくるのです。
これがメイドさん萌えだったら、こうは行かなかったんじゃないかな。クラシックスタイルにせよミニスカスタイルにせよ、場にそぐわなくなってしまいそう。
そういう意味では、こってりとした「萌え」に疲れてしまった方にオススメ出来る、とても柔らかい「萌え」に満ちた漫画なんじゃないかと思います。

木造迷宮(2-06)
控え目にしか使われないスクリーントーン、所々が途切れた描線が、かっちりし過ぎない風景を形作るのに一役買っています。夕焼けがとても似合いそうな街並み。

さて、そんな『木造迷宮』なんですが、実は僕にとっては柔らかいどころかナイフのように尖った「萌え」が隠れていたりします。まずは下に貼り付けた、裏表紙の画像をご覧下さい。

木造迷宮(2-01)
ヤイさん以外にもヒロインは登場します。

そう、それは2巻より登場する眼鏡っ娘兼文学少女・セッコちゃん(裏表紙・右)! 彼女の登場にはもう僕は涙を流しながら歓喜!
……というわけでは無く、『木造迷宮』初読時より僕はただただサエコさん(裏表紙・左)の虜なのです。
勝気な性格を窺わせる、やや釣り上がった眉。妥協しない厳しさ・意志の強さを滲ませる、ピシッとしたスーツの着こなし。色香漂う、厚めの唇。オトナの魅力たっぷりの、赤いルージュ。そして包容力を感じさせるおっp(ry
ビジュアル的にはもう言う事無しです。僕の中でちょっとしたオトナの女性(二次元に限る)ブームが来たのは、このサエコさんからだったか『クイーンズブレイド』のカトレアからだったか、と言うぐらいに僕の中では存在感が大きい。
と言うわけで、以下は画像と一緒にサエコさん語り。

木造迷宮(2-02)
コーイチを「兄さん」と呼んではいますが、別に兄妹なわけではありません。確かサエコさんはコーイチの従妹……だったかな。幼き日のサエコさんは彼をコーイチを「兄さん」と呼んで慕っていたので、それが今も続いている、と言うわけです。

木造迷宮(2-04)
こちらが幼女時代のサエコさん。彼女の淡い恋心のこもった応援は、学生時代のコーイチの確かな力となり、彼を小説家へと導きました。

木造迷宮(2-05)
風邪で弱っているサエコさんが、ヤイさんに漏らしたこの台詞。普段はだらしないコーイチに強く当たる事の多い彼女ですが、実際にはかつて抱いた恋心は未だに生きているのかも……と思わせます。

木造迷宮(2-03)
子供のいたずらでこんな髪型にされてしまったサエコさん。それでもコーイチに褒められるとこんな表情を見せる辺り、可愛いじゃないですか!

風邪をひいたエピソードで挟まれた回想シーンを見た感じ、コーイチの事を未だにコーイチ「兄さん」と呼ぶのは、幼少時の癖がそのまま残っているだけと言うより、実際は子供心に抱いた恋愛感情に上手く始末が付けられていないところから来ているのかもしれないな、なんて思ったりもしました。
そんなグズグズした心へのカウンターアクションとして、自他を厳しく律するような現在のサエコさんの人格が形作られていったのでは……と、この時間帯になると妄想もよく分からない方向へと進みがちです。

ところで彼女の言動を単に照れ隠し系ツンデレと捉えて、そこで思考停止してしまう方がいたら、それはちょっと勿体無いから待って欲しい。
別に、彼女は照れ隠しだけからコーイチに強く当たっているわけでは無いのです。どちらかと言えば、そこに見え隠れするのはサエコさんの世話焼きな一面。
ヤイさんをコーイチに紹介したのもサエコさんだった事に鑑みれば、ややもするとダメになってしまいそうなコーイチが心配で心配でたまらないんだけれども、そこで彼女自身が甘やかしてもきっと効果は無いだろうから、彼を無理やりにでも立ち上がらせるためにキツく接しよう、ヤイさんを飴として自分を鞭としよう……と言う、サエコさんの優しさが心に沁みてきたりしませんか? ……しませんか。
同じツンデレと言う広い括りの中でも、彼女は世話焼きおばさん系(分かり辛いな)ツンデレな気がするんですよ、とサエコさんスキーの一員として記しておこうかな、と思った次第です。アイマスで言うなら伊織タイプでは無く、りっちゃんタイプ。……最後の一文のためだけに、このブロックの文章は作られています。

木造迷宮2 (リュウコミックス) (リュウコミックス)木造迷宮2 (リュウコミックス) (リュウコミックス)
(2009/02/20)
アサミ・マート

商品詳細を見る
スポンサーサイト

4コマでない漫画 | トラックバック:0 | コメント:0
[ 2009/02/21(土) 06:04 ]

<<放課後プレイ/黒咲練導 | ホーム | アイドルマスターSPが届いた。>>

コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://seba0623.blog65.fc2.com/tb.php/105-2ef058b1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

copyright © 2017 漫画メモとか。 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / NetMania


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。