漫画メモとか。
日常生活と漫画(4コマ多め)と廣田眞胤さんについての雑記。
>> ホーム
>> RSS1.0
カレンダー

07 | 2009/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

最新記事

カテゴリ

プロフィール

seba0623

Author:seba0623
せばと言います。
漫画・青春ミステリ・東海林さだおさんのエッセイが好物。

読書メーターに登録しております。
小説とか:こちら
漫画とか:こちら

連絡先等

何かメッセージ等ございましたら、こちらへどうぞ。
リンク等は言うまでもなくフリーです。

月別アーカイブ

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告
[ --/--/--(--) --:-- ]

映画『学校の怪談3』を見ました。
我ながら、漫画と関係ない話が2日続くってのも珍しい。あ、だけどこの作品はコミック版もありましたよね、確か。紛失してしまいましたが……

というわけで、『学校の怪談3』を見ました。やっぱり前田亜季ちゃん(敢えてこう呼びたい)は可愛かったです。僕が架空の人物を通して、フィルム上の現実の少女に恋をしたのは彼女が初めてだったんだよなあ。そのちょっと前に、『トイレの花子さん』でお姉さんの愛さんにオチそうにはなりましたが。ローティーンのアイドルをチャイドルなんて呼んでた時代ですよね、確か。

作品の出来そのものは、3はイマイチでした。当時も1、2の方が楽しめたような記憶があります。
ファンタジーとはいえ、人を想う気持ちが云々とか言われると、コレジャナイ感を覚えてしまう。異世界への出入口や、怪しげなガジェット(1の埴輪とか)を用意さえしてくれれば、それでいいんです。人間の力だけじゃどうしようもないんだけど重要アイテムさえあれば大丈夫っていう、絶望なんだかそうなんだか分からん感じが欲しかった。
あと、コメディパートに微妙に違和感。特に妖怪をボクシングで倒すシーンが、コミカルを通り過ぎてしまってる気がするんですよね。これは昔も首を捻ったとこだったなー。

で、先程wikipediaを眺めてて気付いたんですが、この3だけ監督が違うんですね。金子修介監督の作品だったのか……道理で、恐竜の骨格標本が生徒達を襲うシーンは演出とかその辺りの出来がいいと思いました。とか書くと、ちょっとこじつけっぽいか。

さて、今日は『学校の怪談4』が放送されるようなので、これも録画しておこう。怪獣じみた妖怪が出てこない分、ある意味最も怪談らしかった気もします。途中からわけ分からなくなりますが……
しかしここまできて2だけ放送しないってのも寂しいなあ。2って確か、シリーズ中最も観客動員稼いでた人気作だったんですよね。残念ながら、僕はところどころ(前田亜季ちゃんが可愛かったとか、岸田今日子さんが怖かったとか)しか覚えてないんで、こちらも久々に見たい。DVDとか出てるんなら借りてこようかなあ。

スポンサーサイト
雑記 | トラックバック:0 | コメント:0
[ 2009/08/12(水) 02:32 ]

copyright © 2017 漫画メモとか。 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / NetMania


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。