漫画メモとか。
日常生活と漫画(4コマ多め)と廣田眞胤さんについての雑記。
>> ホーム
>> RSS1.0
カレンダー

04 | 2009/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

最新記事

カテゴリ

プロフィール

Author:seba0623
せばと言います。
漫画・青春ミステリ・東海林さだおさんのエッセイが好物。

読書メーターに登録しております。
小説とか:こちら
漫画とか:こちら

連絡先等

何かメッセージ等ございましたら、こちらへどうぞ。
リンク等は言うまでもなくフリーです。

月別アーカイブ

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告
[ --/--/--(--) --:-- ]

もののふことはじめ/神堂あらし
もののふことはじめ

もののふことはじめ(01)

まんがホームにて連載されていた4コマ漫画の単行本。
夢のマイホーム(何だかこの言葉のチョイスがおっさんくさいですね。僕ももうそんな年か)に引っ越してきた芝浦一家。ところがまっさらなはずの家に、何故か時代錯誤な格好をした闖入者が……という感じで始まる作品です。

試読はこちらで。

闖入者の正体は佐伯仙之丞(表紙・右)という、突如として過去からやって来た青年浪士。
この時点で何となくパターンは読めると思いますが、自らが暮らしていた時代と現代とのギャップに怯えたり、その違いをいまいち理解できずにわけの分からない行動をしたり……な彼の姿を描いたコメディです。

何故、そしてどうやって仙之丞が現代へとタイムスリップしたのかについての説明はありません。まあ、芝浦一家に忠誠を誓った上に、芝浦家の奥さん(裏表紙)の妹である千歳(表紙・真ん中)に淡い恋心を抱いてしまった彼は、元いた時代への執着は別段持っていない様子なので、その辺りの事情が明らかになる理由がそもそもないんですけども。

そんな仙之丞が主人公なので、非常に気楽に読める作品です。これ以外にも読み切り作品が一本収録されていますが、そちらもマセガキと保育園(多分)の先生とのあまり心温まらないやり取りを描いたもので、何も考えずにパラパラとページをめくってしまえます。

神堂あらしさんのサイトはこちら→"さばみそ。"



スポンサーサイト

テーマ:漫画の感想 - ジャンル:アニメ・コミック

まんがタイムコミックス | トラックバック:0 | コメント:0
[ 2009/05/31(日) 02:08 ]

copyright © 2017 漫画メモとか。 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / NetMania


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。