漫画メモとか。
日常生活と漫画(4コマ多め)と廣田眞胤さんについての雑記。
>> ホーム
>> RSS1.0
カレンダー

11 | 2008/12 | 01
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

最新記事

カテゴリ

プロフィール

seba0623

Author:seba0623
せばと言います。
漫画・青春ミステリ・東海林さだおさんのエッセイが好物。

読書メーターに登録しております。
小説とか:こちら
漫画とか:こちら

連絡先等

何かメッセージ等ございましたら、こちらへどうぞ。
リンク等は言うまでもなくフリーです。

月別アーカイブ

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告
[ --/--/--(--) --:-- ]

百合星人ナオコサン(2)/kashmir
電撃大王にて連載中の『百合星人ナオコサン』第2巻。
前巻に引き続き、今回も初回限定版にはCD付き。勿論今巻もまた、MOSAIC.WAVの歌うテーマソング入りです。他にも幼女時計アプリケーション『LOLICLOCK』が収録されており、プロ幼女達(作中に時折登場する、言葉通り「幼女である事」を生業とする幼女達)の仕事が拝めたりも。

公式サイトはこちら。試し読みは近日公開だそう。

百合星人なんて肩書きを冠するナオコサン(表紙・金髪)ではありますが、百合には興味無さげ。実際、みすず(表紙・黒髪の美少女)の友人である柊ちゃんと呼ばれる少女が、みすずに対して友情以上の何かを心に持っている(秘めてはいない)ぐらいで、他にはそれらしき描写は特に無いようです。あ、ゲストキャラでたまーにそういう属性の子が出てくるか。

それはともかく、むしろこの作品の主幹となっているのは幼女。それも、そんじょそこらの幼女ではありません。上にも書いたようなプロの幼女や、新感覚犯罪「ふみふみ詐欺」を行う幼女、果てはプラスチックで作られたリサイクル幼女……と、選り取り見取り。と言うか、もうそれは幼女じゃない、と頭と腹を同時に抱えたくなるような幼女っぽいものまで登場してきて、混沌とした様相を呈しています。
純粋無垢な(二次)幼女に秘められた神秘性・無限の可能性が、リアルワールドからは決して捉えられない不可思議な方向へ開花していて、それ故に本作における幼女の最上位性、更には有意性をひしひしと感じさせるわけです。幼女の対となってもいいはずの少年がほとんど出現しない辺りにも、意味があるのかもしれませんね。だけど実は意味は無いのかもしれませんね。

さてこの漫画では、何処か寂寥とした空間を、タイトルページに持ってくる事があります。
寂寞感漂うイラストや、吹き出しを用いないみすずの会話、彼女の廃墟・廃線好きと言う性格、最上位の存在だと言うのに永遠性を持たない幼女、と幾つもの要素で構成された、時には哀しみに似たものさえ含む空気感は、kashmirさんの他作品『デイドリームネイション』のような、文化部を舞台にした見た目・設定からしてまったりな作品と比べても、静的な魅力に満ち溢れています。
そんな中でみすず達の身に降りかかるトラブルや、ナオコサンのはちゃめちゃな言動が、実に対比的で、笑いを誘うのです。ある意味、非常にヲタ向けな笑いがそこにはあるんじゃないかな。その雰囲気と、エロネタ、独特の言語センスのせいで、読む人間をやや選ぶタイプの漫画かもしれませんが。

作品そのものの話はこれぐらいにして、お気に入りのキャラについて少々。そう、ごく一部の読者(僕とか僕とか僕とか)の中で、真のヒロインのポジションを獲得するに至った、ヤオイ星人アヤコサンの話題です。
地球総BL化による征服を目指しているだけあって、当初はナオコサンと敵対していた彼女ですが、ナオコサンに幾度と無くあしらわれたり邪魔されたりするうちに、ちょっとした"デレ期"に。ナオコサンやみすずのために、わざわざ自宅にマグカップを用意しようとしてたりして、とても可愛いです。
同じツンデレタイプでも、みすずの弟・涼太にご執心の彩ちゃんに比べると、相手に対する好感情には気付いてなさそうなのが良い。

さて、そんな『ナオコサン』の作者であるkashmirさんのサイトはこちら→"ネコにテルミン"
イラストがたくさん掲載されています。



スポンサーサイト
4コマでない漫画 | トラックバック:0 | コメント:0
[ 2008/12/13(土) 00:00 ]

copyright © 2017 漫画メモとか。 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / NetMania


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。