漫画メモとか。
日常生活と漫画(4コマ多め)と廣田眞胤さんについての雑記。
>> ホーム
>> RSS1.0
カレンダー

09 | 2008/10 | 11
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

最新記事

カテゴリ

プロフィール

seba0623

Author:seba0623
せばと言います。
漫画・青春ミステリ・東海林さだおさんのエッセイが好物。

読書メーターに登録しております。
小説とか:こちら
漫画とか:こちら

連絡先等

何かメッセージ等ございましたら、こちらへどうぞ。
リンク等は言うまでもなくフリーです。

月別アーカイブ

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告
[ --/--/--(--) --:-- ]

共鳴せよ!私立轟高校図書委員会(3)/D.キッサン
轟高校図書委員会の面々と、それに関わる教師達のゆるい日常を描いた4コマ漫画です。

癖のあるキャラクター達を前面に押し出したネタと、図書委員会という文化系集団ならではの、本を始めとするインドア趣味ネタのバランスが丁度良く、時には「あるあるww」なんて気分を味わわせてくれます。第1巻に比べると、割と後者寄りの話が増えてきた……ような気が。

ツッコミ要員兼ゲーマーの女の子だとか、まるで並平凡みたくその全てが平均的で普通な男子だとか、元アイドルであり元ホステスでもあり現在司書の女性だとか、個性的なキャラに溢れたこの漫画ですが、個人的にお気に入りなのは、優等生だけどホモ好きの隠れ腐女子である黒田さんと、真面目で堅物なナルシスト青山くん。

その2人のらしさと言うか、趣味を端的に表しているのがそのネーミングセンス。図書だよりのタイトルを皆で考えよう、という話で彼らが出してきたのは「ボクの肉体(カラダ)を読み解いて」と「星のさんぽみち」……
黒田さんはともかくとして、青山くんのそのセンスは嫌いじゃないです。顔赤らめて発言してる辺りはちょっとキモいですが(ノ∀`)
しかし青山くんは微妙に恥じらってる辺り、少し乙女チックな感じがして面白いです。彼は何だか微笑ましくて好き。また、変に完璧主義者なところには、ついついシンパシーを覚えてしまったりも。

全く関係ありませんが、副委員長の三村さんという女の子も好きです。いわゆる眼鏡っ娘が(外見的に)好きな僕としては、その知性と微妙な腹黒さに惹かれざるを得ない。

まあそんなこんなで、今後も青山くんをプッシュしつつ、文化系集団のぬるさを存分に描き上げていただきたいところ。
ぬるさと言えば、ミステリなんて全く読まないのに、何故かその手の読書サークルに入ってしまって、それでも問題なくやっていけた大学時代を思い出します。大抵の人が好きな本や作家に関しては譲らない割に、よく分からないところで寛容だったなー。



スポンサーサイト

テーマ:漫画の感想 - ジャンル:アニメ・コミック

4コマ(その他) | トラックバック:0 | コメント:0
[ 2008/10/29(水) 00:00 ]

copyright © 2017 漫画メモとか。 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / NetMania


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。