漫画メモとか。
日常生活と漫画(4コマ多め)と廣田眞胤さんについての雑記。
>> ホーム
>> RSS1.0
カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

最新記事

カテゴリ

プロフィール

seba0623

Author:seba0623
せばと言います。
漫画・青春ミステリ・東海林さだおさんのエッセイが好物。

読書メーターに登録しております。
小説とか:こちら
漫画とか:こちら

連絡先等

何かメッセージ等ございましたら、こちらへどうぞ。
リンク等は言うまでもなくフリーです。

月別アーカイブ

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告
[ --/--/--(--) --:-- ]

COMICリュウ(2009年10月号)
リュウ(09・10)

・『大正野球娘。』/伊藤伸平(原作:神楽坂淳)

今号は、約20ページに渡って2つの男子野球部(小梅に惚れている高原が通う中学校と、晶子の許婚である岩崎の通う中学校のそれ)の練習風景なんかが描かれていて、女子分は非常に少なめです。寂しい。

そんな中、岩崎の所属する野球部の人間と、レストランらしき場所で密会(ってわけでもないか)する乃枝さんは可愛かった。

リュウ(09・10-01)
コミック版の乃絵さんは普段、長い黒髪をそのままにしています。なので、前回、今回と三つ編みお下げで登場してたので、はて? と思ってたんですが、髪に癖を付けるために敢えてそうしてたみたいです。なるほどなるほど。それにしてもこの乃枝さんはいいな。

関連:『大正野球娘。』(1)感想(2)感想

・『第七女子会彷徨』/つばな

前号では、学校が死人の生徒を受け入れることを発表していました。そうなってくるとやっぱり、単行本1巻にてお亡くなりになっている坪井さんが再登場するわけです。今のところ、他に「死人」はいませんしね。
さて、そんな坪井さんが(もしかしたら生前よりも)ハイテンション気味に隣の席に座る飯島くん(前号ラストで意味ありげに登場した男子生徒)に話しかけてみると……

リュウ(09・10-02)
リモコンで声量を調節されてしまいます。飯島くんが何故そんな道具を持っているかは割愛。ここで僕が感じたのは、「ああ、やっぱり死人はデータとして管理されてる身なんだなあ、自由じゃないんだよなあ」ということ。最初の数ページでは、坪井さんのタレ目や八重歯が可愛かったり何だりで、彼女と他の生徒との差異を忘れてしまいそうになりましたが。しかしそんな状態にあっても、やたら脳天気な坪井さんは凄い子だ。言動を見てる限り、努めて明るく振る舞ってるというわけでもなさそうなので、自らの死についてはとりあえず吹っ切れたんでしょう。単にアホなだけかもしれないけど。

関連:『第七女子会彷徨』(1)感想

・『晴晴劇場』/山坂健

今号より第二部開始。

リュウ(09・10-04)
今号で何となく印象に残ったのがこのやり取り。1コマ目のやや潰れてる漢字は「敬語」です。別に年齢がそんなに離れてるわけでもないのに、敬語を使ってしまう相手ってのは確かにいるんですよね。別に仲が良くないとかそういうんでもなく……何なんだろう、アレ。柱にある「敬語が身についてる人は、それが実は楽なのです。」ってのは、当たり前のことではあるんだけれど、そう言われればそうかもしれないなー、という程度には納得です。

・来月号の話

リュウ(09・10-03)
ふくやまけいこさんが『ふしぎなメルモ』をリメイク、だそうです。メルモといえば、たまたまアニメを見てたら大人に変身するシーンが妙にエロくて、ちょっと興奮したような思い出があります。ふくやまけいこさんだったら、えちぃ大人状態よりも可愛らしい子供状態のメルモをたくさん描いてくれた方が個人的には嬉しいなあ。何にしろ、楽しみです。

スポンサーサイト

テーマ:漫画の感想 - ジャンル:アニメ・コミック

COMICリュウ | トラックバック:1 | コメント:0
[ 2009/08/22(土) 02:38 ]

COMICリュウ(2009年9月号)
リュウ(09・09)

COMICリュウをちびちび購読してるんで、メモ書き程度に何か書いておこうと思い立ちました。こうして記録しておくことで、どの号にどんなカラーページが載ってたかをパッと思い出せるという寸法です。

・『大正野球娘。』/伊藤伸平(原作:神楽坂淳)

表紙を飾っております。浴衣姿が涼しげ。髪をアップにしてる乃枝さんが可愛いなあ。
巻頭カラーページでは、アニメ声優陣への短いインタビューを交えた特集らしきものもあるので、アニメ版ファンの方は書店で手に取ってみてはいかが。

現実世界の季節に合わせて、今月号は大礒の海水浴場にて納涼……ではなく、足腰の鍛錬。砂浜で運動することで、高い効果を得られるってヤツですね。鉄腕男子2号も登場したりして、乃枝さんのマッドサイエンティストぶりがまたも発揮される回でした。

リュウ(09・09-02)
読者サービスの演出担当は乃枝さん。メンバーの水着姿を下から覗くような感じに描かれているカットもあったりしました。乃枝さん、(一部の)読者の心理が分かってるなあ。

関連:『大正野球娘。』(1)感想(2)感想

・『第七女子会彷徨』/つばな

今月から毎月連載ということで、巻中カラー。

衣替えの日、いつも乗るはずのバスがストライキだとかで来ない。そこで、各々の通勤先などへと向かう人達に付いて歩く内に、何故かアメリカンドッグ移動販売の行列に並んでいる金やん。そんなシーンから話が始まります。
それからもストライキは終わらず、高木さんも交えて、アメリカンドッグを頬張りながらの登下校を楽しむようになる金やんですが……

リュウ(09・09-01)
走っていないはずのバスは、2人のすぐ傍で普段通りに運転しているのです。

衣替えという、ほんの小さな変化と共に訪れたアメリカンドッグ屋という非日常が、日常をいつの間にか浸食していく様子は、少しホラーチックでもあります。取り留めのない日々の生活は、確かなように見えてその実は危うい。そんなことを思わせるエピソードでした。衒った演出もなく淡々と描かれているのが、尚更そんな気持ちに拍車をかけます。

ラストでは、学校が死人の生徒を受け入れることの発表があったり、新キャラらしき男子生徒が現れたりと、次の話からの激動(って程でもないか)を感じさせる感じ。楽しみだなあ。

関連:『第七女子会彷徨』(1)感想

テーマ:漫画の感想 - ジャンル:アニメ・コミック

COMICリュウ | トラックバック:0 | コメント:0
[ 2009/07/27(月) 04:04 ]

copyright © 2017 漫画メモとか。 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / NetMania


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。