漫画メモとか。
日常生活と漫画(4コマ多め)と廣田眞胤さんについての雑記。
>> ホーム
>> RSS1.0
カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

最新記事

カテゴリ

プロフィール

seba0623

Author:seba0623
せばと言います。
漫画・青春ミステリ・東海林さだおさんのエッセイが好物。

読書メーターに登録しております。
小説とか:こちら
漫画とか:こちら

連絡先等

何かメッセージ等ございましたら、こちらへどうぞ。
リンク等は言うまでもなくフリーです。

月別アーカイブ

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告
[ --/--/--(--) --:-- ]

みりたり!(1)/まもウィリアムズ
みりたり(1)
裏表紙のエンボス加工が面白いです。戦車のキャタピラが通った跡らしきものが浮かび上がってて、その曲線をなぞってるとウットリしてくる(←×

まんがぱれっとLiteにて連載中の4コマ漫画の単行本。
平凡な少年・矢野宗平の元へ、彼を保護する目的で2人の美少女軍人が突如やって来て、なし崩し的に共同生活が始まる……と、そんな感じの作品です。

ぱれっとLiteの公式サイトでは「日常が非日常に変わる、それを暗示するかのように現れた、二人の物騒な少女の正体はいったい―――。」(一迅社webより引用)と、ちょっと硬質な作風を期待させるような紹介文が載ってます。
ちなみに、この紹介文中にある救世主というのが宗平の父親で、宗平はそのとばっちりを受けて狙われている、といった具合。

みりたり(1-01)
実際の始まりはこんな具合です。暗示も何も、宗平の日常は見たまんま完膚なきまでに破壊されてますね。ところで宗平が「夢見がちな少年なら誰もが云々」なんてことを言ってますが、その手のシナリオを脳内で展開するのは「夢見がちな少年」じゃ許されない年齢や妄想領域に達してるヲタクなんじゃないかなあ、とか思わないでもない。

さて、戦車で人様、それも保護すべき対象の家宅に突っ込んできたりすることから分かるように、ルトガルニコフ中尉(表紙。通称ルト中尉)とその部下であるハルカ少尉は、いわゆる社会常識を身に付けていないどころか、明らかに頭のネジが何本か抜けてそうです。
更には宗平の家に居着いてからの彼女達は、宗平の家に兵器を設置したり、周囲に地雷をばら撒いたりとやりたい放題なわけです。一般人と敵国の人間との区別とか、そんなもんはありゃしません。目に映る動くモノは全部敵だ!

みりたり(1-03)
そんな彼女達に翻弄され、傷付いていく宗平の悲哀漂う姿は、ルト中尉達の脳みそを「ホント 戦場は地獄だぜ! フゥハハハーハァー」的なものに仕立て上げてしまった戦争の悲惨さ、虚しさを表現しているのかもしれません。皆が皆、戦争の被害者なんだ……僕自身、単行本を読み終わってカバー折り返しを見て、そういえばこれ戦争が背景にあったんだっけと思い出してからは、何となくそう感じるような気がしないでもない状態になったので、他の読者もそんなことを思っているかもしれないとも言い切れな(以下略

とまあ、しつこい言い回しで冗談のようなことを上で書いてますが、実際にただの戦争ギャグでは済まない部分も見受けられます。それが、上の画像の宗平の姿だったりするわけです。
包帯を巻いてるだけでなく、顔や腕にも擦過傷らしきものがあって、更には次の回に移ってもまだそれが癒えていない(4コマの途中で突然包帯が消えちゃってるのは、ミスなのかな? 何か意図があるのかしらん)。コメディ・ギャグ漫画でキャラが受ける傷ってのは、どれだけ致命傷に見えても次の話に移行する際、早ければ次コマ辺りですっかり完治してたりするのが通常なので、これには少し違和感を覚えた次第なわけです。もしかして、本当に戦争を背景に組み込んで描いてくのかなあ、と一瞬だけ思ったりもしたんですよね。

みりたり(1-02)
それはさておき、突然ですが好きなキャラの話。こちらはルト中尉達の国と交戦している敵国からの刺客、シャチーロフ軍曹。この子もこの子で、やっぱりちょっとオカシイ。普段はこんなにやる気がないけれど、マイクロガンで宗平を撃ち殺そうと頑張る軍人さんです。怖いですね。けど普段は魔法少女アニメに夢中だったりする可愛い子なのです。

さて、こんな感じで宗平の日常は、戦闘状態という非日常にかなり浸食されているので、彼が元々過ごしていたゲームに囲まれたぱっとしない生活は隅に追いやられてしまっています。たまーに平穏に過ごせそうなエピソードもあったりするんですが、それも大体途中からおかしな方向に進んでしまうんですね。可哀想な宗平……
で、何となく予想はつくでしょうが、可愛い女の子が何人か出てはくるけれど、彼女達同士のキャッキャウフフはあまり味わえません。なので、ゆるい日常ものを求めてる方より、美少女に殴られたい、撃たれたい、だけどホントに死んだりするのは勘弁な! って方にオススメです。

まもウィリアムズさんのサイトはこちら→"風道"



スポンサーサイト

テーマ:漫画の感想 - ジャンル:アニメ・コミック

4コマ(一迅社) | トラックバック:1 | コメント:0
[ 2009/08/23(日) 04:07 ]

ざっちゃん(1)/くろがねぎん
ざっちゃん(1)

まんが4コマKINGSぱれっと(通称:まんがぱれっと)にて連載されている4コマ漫画の単行本。
同じ屋敷に住み着いた、自身は割と不幸な座敷童子(見習い)のざっちゃん(表紙)と、そのライバル的存在である厄病神(見習い)とのゆるーい戦いを描いた作品です。

以前感想を書いた『いんどあHappy』の小梅と違い、こちらの主人公であるざっちゃんはそれなりに優秀な座敷童子見習い……のはずなんですが、厄病神と同居しているせいかその能力が発揮されている場面は特に見られません。ただ、50余年で多数の家を転々としているところを見ると、「座敷童子が家を出てしまうと、お家断絶!」みたいな傍迷惑なスキルは持ち合わせていない様子。それだけでもマシですね。

話の主軸としては、ざっちゃんと厄病神との、妖怪学校卒業試験の主席をかけた勝負の様子が描かれています。その勝敗を決するのは、ボクシングだとか神経衰弱だとかの7番勝負。勿論通常のそれではなく、特別なルールの中で両者がその力をフルに使って白熱した戦いを繰り広げるのです。

ざっちゃん(1-01)
ざっちゃんと並び、優秀な妖怪らしいです。99軒の家に不幸を振りまいたって、相当物騒なこと言ってるなあ。……ところで黒猫って不気味ですよね。夜道で見かけると結構ビビってしまう。この厄病神を見てたら、闇に紛れて鳴き声を上げる黒猫に怯えて、習慣にしていたランニングを止めた苦い記憶が蘇りました。

ギャグは勢いで押していくネタが多め。たまに暑苦しいこともあります。この辺りは、以前コンプエースだったかで連載されていた『HR』に通ずるものもあるかな。アレ好きだったのに、打ち切られちゃったんですよね……

ざっちゃん(1-02)
7番勝負が提案される前にざっちゃんのとった行動。結構セコいところは厄病神とどっこいどっこい。

くろがねぎんさんのブログはこちら→"くろぎん雑記"
あるキャラの名前が誤植されているらしく、それをネタにした4コマが5月22日のエントリに掲載されています。版が変わったら訂正されるのかな? どなたか、2版が出たら買って見せて下さい(←×



テーマ:漫画の感想 - ジャンル:アニメ・コミック

4コマ(一迅社) | トラックバック:0 | コメント:0
[ 2009/05/26(火) 01:37 ]

春風いちばんっ(1)/ストライク平助
春風いちばんっ(1)

まんが4コマKINGSぱれっと(通称:まんがぱれっと)にて連載されている4コマ漫画の単行本。
両親と離れ2人で暮らす野賀兄妹(兄:典々、妹:メグミン)のところに、住み込みの家政婦である春風さん(表紙)がやって来て、それまでとは少し違う日常が訪れる、と言った感じの作品です。

作中の人間関係の中心にいる典々は貰い子であり、メグミンとの血は繋がっていません。そんな家庭の事情を持ちつつも、それを既に乗り越え、平穏に過ごしていた野賀兄妹。
ですが、当初2人の母親たろうとしていた春風さんが典々に対して恋愛感情を抱き始めた事や、典々が春風さんや他の女性に対して優しく接した結果、メグミンが不満を爆発させた事から、別の形で問題が浮上してきます。典々とメグミンもいわゆる男女の仲になっても全く不思議では無い事に春風さんが気付き、その事を変に意識し始めてしまうんですね。
そこに、同性でありながらもメグミンに恋するちえり(同性愛に寛容な国出身?)や、典々に好意を寄せている様子のクラスメイトの登場で、ある意味一触即発な状況に。なので、家族関係やコメディよりも恋愛的な側面が色濃く出ている感じで、連載当初の僕の予想(気軽に読めるコメディになるかなーと思ってました)からはちょっと外れた方向に話が進んでるようです。

第1話でメグミンにはバラされているんですが、春風さんは結構な年齢らしいんですよね。オバちゃんを自称していても違和感が無いような。その辺りの事情から、そんなに恋愛要素は絡まないのかなと思ったんですが……よく考えたら、同誌でこの作品の前に連載されていた『今日もサツキ晴れ!』もラストの方はお気楽要素少なめなラブコメだったんで、予想出来た事ではあるのかもしれませんね。まあどうでもいい事ですが。
そうそう、関係無い話ですが、『今日も~』のキャラクターも今作にちょこっと登場してます。カバー裏に至ってはそっちがメインでした。

さて、この漫画のコメディパートに欠かせないのが、若い女性に触れると嘔吐(勿論光ります)してしまう典々の体質と、あまりにもヲタヲタしい春風さんの言動。

春風いちばんっ(1-01)
エスコートを頼まれ、そっとちえりの指を掴む典々。これは酷い(笑)シリアスなシーンでもこの体質は重要な役割を果たしますが、どっちかと言うと笑いを誘う事の方が多いです。

春風いちばんっ(1-02)
百合ップルに興奮する傍ら、BLだっていけちゃいます。そんな春風さんですが、どうやら完全に知識先行型らしく、初登場時はキスすら未経験。それを聞いたメグミンがドン引いてるのが印象的でした。

と言うわけで、耳年増……と言っていい年齢なのかは分かりませんが、そんな春風さんが可愛い漫画です。典々との恋が上手く行くよう、素直に応援出来るのはいいなあ。やっぱり何だかんだで純情な子が好きです。2次元ぐらい夢を見せろよ! ってね(←×

ストライク平助さんのサイトはこちら→"平助さんの冷奴"


ああ、これが「!」問題か……

テーマ:漫画の感想 - ジャンル:アニメ・コミック

4コマ(一迅社) | トラックバック:0 | コメント:0
[ 2009/04/27(月) 01:21 ]

氷室の天地 Fate/school life(2)/磨伸映一郎
氷室の天地(2)

まんが4コマKINGSぱれっと(通称:まんがぱれっと)にて連載されている4コマ漫画の単行本。
タイトルにも名残が見受けられますが、かの有名なPCゲームの「キン肉マソ4コマコミカライズ」(一迅社WEBの紹介文より)作品だそうです。

さて、この漫画はオフィシャル4コマらしいんですが、メインに据えられているのは氷室鐘(表紙・ハイキックしてる子)、蒔寺楓(表紙・色黒で白目)、三枝由紀香(表紙・蒔寺の隣)で、彼女らは原作の本筋には全く関係無いキャラらしく、ゲームを未プレイでも何ら問題無く読めるんじゃないでしょうか。
と言うか、この漫画を割と楽しく読んでいる僕自身、これの原典についての知識は同人と格ゲーとAV(←×)から得たものだけなので、ほぼ無知です。

他の磨伸映一郎さんの作品同様、この『氷室の天地』の持ち味はハイテンションで畳みかけるようなギャグと、そこに絡んでくる、紙上を埋め尽くさんばかりのパロディネタ。同人誌やアンソロと、基本的には変わりません。
パロディは漫画・ゲームに限らず幅広いジャンルに元ネタが求められているので、その辺りの知識が全く無い場合はちょっと読み辛いかも。逆に、そこそこ広く浅くをモットーにしている僕みたいな人間にはオススメかな。
以下、その内の幾つかを画像と一緒にご紹介。

氷室の天地(2-02)
衣替えにすっかり乗り遅れた蒔寺。この無意味なハイテンションが彼女の持ち味です。ちなみにこの「ガイアが俺に~」の元ネタはググると一発で出てきます。

氷室の天地(2-03)
文武両道・容姿端麗な氷室にも弱点が……なんて事よりも、この光るゲロに目が行ってしまいます。画像には載ってませんが、この横にある柱の「出崎演出だから光ります。」なんて言うコメントがイイ味出してるんですよね。こういうのって編集の人が付けるのかな。

氷室の天地(2-04)
そして僕としては書いておかないと、と思ったのはこのシーン。時折触れている『孤独のグルメ』の「早くご飯こないかなぁ 焼き肉といったら白い飯だろうが」のパロですね。1巻にも『孤独のグルメ』ネタはあったので、今後もこっそり使われる事に期待。

氷室の天地(2-05)
奥付にもこんな小ネタが。一応雑誌でも読んではいますが、こういう遊び心がある作品は単行本が出るのが楽しみになります。

氷室の天地(2-01)
そして作中に登場する、某三国志ゲーム風『英雄史大戦』に登場するカード仕様の特典まであったりします。これはメロンのもので、昭和の匂いを体に纏った三枝の魅力が……伝わるのかな(笑) 他にも幾つか種類があるようです。

そんな特典についての情報も載っている、磨伸映一郎さんのサイトはこちら→"んじゃめな本舗"

氷室の天地Fate/school life 2 (2) (IDコミックス 4コマKINGSぱれっとコミックス)氷室の天地Fate/school life 2 (2) (IDコミックス 4コマKINGSぱれっとコミックス)
(2009/02/22)
磨伸 映一郎

商品詳細を見る

テーマ:漫画の感想 - ジャンル:アニメ・コミック

4コマ(一迅社) | トラックバック:0 | コメント:0
[ 2009/02/24(火) 00:02 ]

すもも★あんみつ(2)/神堂あらし
すももあんみつ(2)
帯でどんな漫画か分かると、買い手としてはありがたい。

まんが4コマKINGSぱれっと(通称:まんがぱれっと)で連載されていた4コマ漫画の単行本。これが最終巻です。
鬼族のお姫様である李(表紙・左)が教育係の鶯(表紙・右)と共に人間界へやって来て、1人の少年と出会い、ひょんな事から共同生活が始まって……と言った具合のコメディなんですが、ファンタジー要素はほとんど無いです。

さて、李達と一緒に暮らしているのは龍と言う少年で、これが微妙に影が薄い。
1巻の途中から登場する、女の子をこよなく愛する木蘭(帯・右コマの割烹着)と、彼女の1番のお気に入りであり、李達が暮らすアパートの大家でもある撫子(帯・右コマのツッコミの人)の前に完全に霞んでしまった感じです。

木蘭は、男なんて全く眼中に無いぜ、って感じの潔い百合キャラ。彼女が経営する甘味処には、男子のみでは入店する事すら叶いません。
撫子と結ばれる事を夢見る彼女のちょっぴりキモい言動、そしてそれに対する撫子のツッコミが作品に勢いをもたらしていて、なかなか良いコンビです。

すももあんみつ(2-04)
可愛らしい容姿をした龍(1コマ目・左)が男子である事を再確認して、ため息。

撫子はちょっとキツくていまいち素直になれない女の子ですが、面倒見が非常に良く頼りがいもあるので、通っている女子校でも大人気。

そんな彼女に李もなつき、勝手に部屋に居座ってしまったりも。
撫子が管理するアパートを建て替え、2人が再び別々の部屋で暮らし始めた直後のエピソードでは、李と撫子の微笑ましい関係が見て取れます。(木蘭が一方的に望む)木蘭と撫子の関係が百合なものだとすると、こちらは姉妹みたいな感じでしょうか。

すももあんみつ(2-02)
何だかんだで李達が気になって仕方無い撫子。可愛いなあ。

すももあんみつ(2-03)
表情だけはキツめですが、李に対する言動は割とデレデレ。

と言うわけでクスッと笑いつつ、ソフトな百合も一緒に楽しめる4コマ……です、多分。

神堂あらしさんのサイトはこちら→"さばみそ。"

すもも★あんみつ 2巻 (2) (IDコミックス 4コマKINGSぱれっとコミックス)すもも★あんみつ 2巻 (2) (IDコミックス 4コマKINGSぱれっとコミックス)
(2009/01/22)
神堂 あらし

商品詳細を見る

テーマ:漫画の感想 - ジャンル:アニメ・コミック

4コマ(一迅社) | トラックバック:0 | コメント:0
[ 2009/01/25(日) 03:52 ]

次のページ
copyright © 2017 漫画メモとか。 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / NetMania


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。