漫画メモとか。
日常生活と漫画(4コマ多め)と廣田眞胤さんについての雑記。
>> ホーム
>> RSS1.0
カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

最新記事

カテゴリ

プロフィール

seba0623

Author:seba0623
せばと言います。
漫画・青春ミステリ・東海林さだおさんのエッセイが好物。

読書メーターに登録しております。
小説とか:こちら
漫画とか:こちら

連絡先等

何かメッセージ等ございましたら、こちらへどうぞ。
リンク等は言うまでもなくフリーです。

月別アーカイブ

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告
[ --/--/--(--) --:-- ]

白衣とリボン(1)/荻野眞弓
白衣とリボン(1)
白衣とリボン(1-01)

まんがタイムジャンボにて連載中の4コマ漫画の単行本。
主人公の森くん(表紙・眼鏡)は、妄想力とヲタク的性癖を備えた、(色々な意味で)優秀なDT青年。理系の大学院生です。身だしなみにも気を遣わないそんな彼に、ロリ服を好む声優の卵の彼女が何故か突然できて……というお話。

試読はこちらで。

どうして森くんなんぞに彼女が……と、失礼なことを考えないでもないエピソードから始まるこの作品。いや、いい人なんですけどね。けどほら、ここまで自分のことに無頓着で、コミュニケーション能力にもやや難ありな青年にこんな可愛い彼女が降ってくるってのも納得行かないぞ。
なんて思ったりもする僕は、度の過ぎた神経質持ちという、森くんにも劣るアレな人なわけです。そんな感じで、森くんに自分を幾らか重ね合わせられる人なら(文理問わず、そのDT的性質に関して)、いわゆる理系男子と一風変わった女の子のラブコメとして読む以上の楽しみ方ができるんじゃないでしょうか。自分だってもしかしたら、なんて希望を持つのもいいし、どうせ上手く行かないさ、なんて嫉妬に塗れてみるもよし。

白衣とリボン(1-03)
ゆりちゃん(表紙のツインテール)が声優の卵と知った時の森くん。前に『ラジオでGO!』の感想で書きましたが、僕も中高生の頃はアニラジに傾倒してたので、この気持ちはよく分かります。まあ勉強の合間ではなく、ラジオを聴く合間に勉強って具合でしたが……どうでもいいけど、髪がモジャモジャな先輩の言ってることは、またニュアンスが違う気がしないでもない。

さて、ロリ服を着て「声優の卵」してるってのを見て、ゆりちゃんもちょっと変な子だから森くんと上手く行ってるんじゃないの、なんて思った方! 正解です(←×)
1つ1つなら別にどうってことはないんだけど、組み合わさると途端に不思議な人になりがちな属性というのがあると思うんですが、「プレアイドル」とか「声優の卵」ってのと、「ロリ服(甘ロリでもゴスロリでも)」ってのはそれの有力な1つなんじゃないかなあ、とか言ってみます。

白衣とリボン(1-04)
このシーンでゆりちゃんが手にしているのは、盗聴器。何を盗聴しているかは言わずもがな。正直な話、このエピソードには狂気を感じた。

もう少し、「ところで実際の理系男子ってこんななの?」とか書きたかったんですが(僕の友人らはまた違ったベクトルに突き抜けてる感じ)、頭がクラクラするのでこの辺りで終了です。風邪ひいたのかな。

荻野眞弓さんのブログはこちら→"myme web"

関連:『たまのこしかけ』(1)感想
『ちっちゃいナース』(2)感想



スポンサーサイト

テーマ:漫画の感想 - ジャンル:アニメ・コミック

まんがタイムコミックス | トラックバック:1 | コメント:0
[ 2009/08/27(木) 00:01 ]

ハッピーカムカム(1)/かたぎりあつこ
ハッピーカムカム(1)
ハッピーカムカム(1-01)
スキャン失敗したせいで、キャラの顔色が酷いことになってる……orz

まんがタイムジャンボにて連載中(もうすぐ終わっちゃうみたいで、残念)の4コマ漫画の単行本。
家庭科部ならぬ家庭的(な人に憧れる)部の面々が、ちょっとしたお菓子作りや編み物なんかを軸に、だらだらしつつ時々頑張ったりもする日々の様子を描いている作品です。

ハッピーカムカム(1-03)
女性らしい行為に夢を見てくれてるだけでも、僕は嬉しい。その辺りの憧れすらも放棄してしまった女性は(以下略

試読はこちらで。

料理や手芸が得意な人に「憧れる」部なだけあって、部長のちえり(表紙・眼鏡っ娘)とマスコットっぽいホコ(表紙・ちっこいの)以外は、そういった家庭的なことは得意ではありません。とはいっても特別苦手というわけでもなく、調理過程がやや怪しくても一応料理はできるし、不器用ながらも編み物なんかもこなしている辺り、普通の女の子っぽくて和みます。
壊滅的に料理下手とか、手芸しようとすると物をたちまち壊しちゃうとか、そういう特性がある子達も勿論好きなんだけど、そればっかりじゃ胸焼けしそうな時ってのもあるわけですよ。

さて、この作品における僕のお気に入りはみずき(裏表紙・ロングヘアーの子)という子です。背が高くスタイルもよく、落ち着いた雰囲気をまとっているため、女子に人気のある彼女。ですが、その中身は結構な乙女なのです。その上、ちょっと変だったりもします。

ハッピーカムカム(1-02)
学園祭での出し物について話し合っている1シーン。将来の夢は家庭的なお嫁さんになることなだけあって、普段よりその手の妄想は欠かせない様子です。

ハッピーカムカム(1-06)
こういうのを乙女というのかは分からないけれど、自分だけ不審者に遭遇したことのないことにショックを受けるみずき。大きくたって可愛いんだから、気にすることないのになあ。ところで、実際に変なのと鉢合わせちゃったらどうするつもりなんだろう。

ハッピーカムカム(1-04)
自分では結構家庭的な女の子だと思い込んでいるので(事実とは異なります)、料理を積極的に手伝おうとする姿も見受けられたりします。何でこんなに自信満々なんだろう。この後、邪魔にならないようにと他の場所へと連れて行かれる彼女ですが……

ハッピーカムカム(1-05)
その出番を、虎視眈々と狙っていたのです。最後のコマのイイ笑顔は、役に立てて嬉しかったっていうのと、やっぱり自分は家庭的な子だなあ、との確認ができたことへの満足感から来るものなのかな。何はともあれ、みずきの幸せそうな顔はよいものです。

みずきの上のような言動はともかくとして、家庭的な子ってやっぱりいいよなあ、と思わせてくれる作品です。趣味の延長線として料理や手芸をする女の子達ってのは、音楽やらスポーツやらに打ち込む子達とはまた別の魅力があると思うわけです。

かたぎりあつこさんのブログはこちら→"A.K.INFO"



テーマ:漫画の感想 - ジャンル:アニメ・コミック

まんがタイムコミックス | トラックバック:0 | コメント:0
[ 2009/08/11(火) 03:32 ]

となりのなにげさん(1)/橘紫夕
なにげさん(1)
なにげさん(1-01)

まんがホームにて連載中の4コマ漫画の単行本。
誰かがちょっとしたことで困っていると、疾風のように現れて何気なく助けてくれる。そんな少女、なにげさんの姿を描いている作品です。

こちらにて試読が可能。この作品はダブルクリックしないと試し読みページに飛べないかもしれません。

なにげさんはとにかく神出鬼没。日常で起こる、ちょっとしたトラブルに対処するために何処にでも出てきます。試読部分で見られるだけでも、3年生の下駄箱、図書室、挙句の果ては男子トイレにまでやってきてしまうのです。男子トイレに関しては、助けてもらう側もかなり恥ずかしいような気がしますね。ありがたいんだけど、ちょっとありがたくない。

なにげさん(1-05)
しかし男子トイレより何よりも突っ込みたくなるのが、このシーン。住居侵入だコレ! 住居権者の意思を侵害してるかどうかが、カギになりますね(どうでもいいですね)。さて、この後のコマでなにげさんは「廊下に落ちてた」なんて嘘をつくわけですが、そこまでして「何気なさ」を演出するその根性、そして相手側に必要以上に感謝の念を抱かせない気遣いには一目置かざるを得ません。

そんななにげさんですが、トラブルの種類によってはどうにもならない時もあります。高い場所にある電灯の付け替えをしようとしたら背が足りなかっただとか、虫が苦手(こういうところは、なにげさんもやっぱり普通の女の子なんだよなあ、と思わせてくれる部分。何処からともなく出没したりもするけれど、別に超人ってわけじゃないんですよね)なのでその退治には乗り気でなかったりだとか。

なにげさん(1-03)
G(隙間を好む、黒光りするアレ)が出現した時のなにげさん。ああ、よく分かるなあ。僕も、アレは見るだけで憂鬱になります。

ところで、トラブル解決の際に、制服やら鞄やらから色々なアイテムを出してくれるなにげさんですが、某異次元に繋がってるポケットみたいに、幾らでも道具を持ち歩けるわけではないようです。そのことが判明するのが、衣替えの季節。

なにげさん(1-04)
誰か薄手の長袖を作ってあげてー。物を詰め込み過ぎて、まるで大リーグなんちゃらギプス装着者みたいになってます。

こんななにげさんが大活躍する本作ですが、どの生徒もある程度は彼女に頼りつつも、最初からそれを期待してるってわけではないのがイイ。あくまで、不測の事態に「困っている」人を助けてくれるのがなにげさんで、周りの皆もそこを多かれ少なかれ理解してるんですよね。自分でできることは、きちんと自分でやる。そう意識してる(ように見える)生徒達の姿が、何とも好ましい。どうでもいいけど、こういうこと書いてるとオッサンになったなあ、と思います。

なにげさん(1-06)
一部では、普段頑張ってる人が困った時には助けてくれる、みたいな都市伝説っぽくなってるのには笑ってしまいましたが。出会えて嬉しいって、どんな希少動物だよ。ちなみにこの噂に触発され、咲(画像1コマ目・右)は部活動に生徒会活動にと励むことになるわけですが、その様子もなかなか面白いです。

さて、その献身っぷりから皆に慕われるなにげさんですが、中には彼女に恋してしまう人間もいます。それが大野くん。

なにげさん(1-07)
キモイ……その思考もちょっとアレですが、何よりも動き自体の怪しさが凄いことになってます。微妙にストーカー化しつつあるので、今後が楽しみ、もとい心配な少年です。

まあ実際なにげさんみたいな子がいたら、そりゃ惚れるよなあ……と、周りにちょこちょこいらっしゃる傍若無人な女性に辟易してる僕としてはそう思うわけでした(←×

橘紫夕さんのサイトはこちら→"おいでませDEAR MINE"



テーマ:漫画の感想 - ジャンル:アニメ・コミック

まんがタイムコミックス | トラックバック:1 | コメント:0
[ 2009/08/08(土) 02:14 ]

恋愛ラボ(3)/宮原るり
恋愛ラボ(3)
恋愛ラボ(3-01)

まんがホームにて連載中の4コマ漫画の単行本。もう1つの連載誌だったコミックエール!は、残念ながらお亡くなりになってしまいました……
藤崎女子中学校と言う名のお嬢様学校にて繰り広げられる、生徒会メンバーのズレにズレまくった恋愛研究の様子を面白くかつ可愛く描いた作品です。

試読はこちらからどうぞ。

前巻で男子キャラが登場し、ついに実地での恋愛研究が始まるのかと思いきや、まだそこまでは話は進みません。
この巻のメインは、サヨ(表紙・上)との間にちょっとした因縁があるらしい新聞同好会(裏表紙・右下)が撮ったスクープ写真(サヨが彼氏と歩いているところを撮影したもの)が、図らずも生徒指導の教師達の手に渡り、目を付けられたサヨが他メンバーに迷惑をかけまいとして生徒会を辞めそうになってしまい、それを食い止めるために生徒会の面々が動き回る……といった感じのエピソード。
1巻に1回はこんな感じで問題が発生して、それを乗り越える度に藤女生徒会の繋がりが強くなっていく様子が見られるので、ちょっとした友情ものとしても読み応えがあるんじゃないでしょうか。かつて自分を人身御供に捧げたリコ(表紙・八重歯の子)が、「そんな自己犠牲許さねー」とか言ってる辺りに微笑ましさを覚えます。彼女も似たようなことやってたよなあ、みたいな。

単行本の終盤では、再び男子キャラ達が登場。リコや彼らが通う塾に、マキ(表紙・長い黒髪の子)がやって来て、次巻ではここを舞台に大きく話が動いていくのかな、と予感させます。リコとの付き合いが長い彼らの出番が増えるということは、リコが藤女生徒会の面々に真実を言いそびれている、かつてモテモテだったとの嘘がバレる日が近付いてるのかもしれません。まあサヨには既に見抜かれてるようですが。

さて、話の主軸とはあまり関係ないけど、今巻で特にインパクトがあったのは乙女を装うリコの痛々しさ……もとい健気さ。
「ワイルドの君」なんて恥ずかしい名で呼ばれていたことにショックを受けたリコはイメチェンを図るわけですが、その際のズレっぷりが、何処かトんでるメンバー揃いの藤女生徒会で副会長を務めるだけあるというかなんというか。

恋愛ラボ(3-05)
殴った部分から星が飛んでます。擬音を口にしながら、書き文字では「やっつけちゃうぞー」……これは微妙にウザ(ry

で、これまた話の主軸とはあまり関係ないんだけども、僕の目にはどうしてもエノ(表紙・ふわふわ髪の子)の活躍が焼き付いてしまいます。何してても可愛いんだよなー。

恋愛ラボ(3-03)
リコにはリアルツンデレと認識されているエノですが、この発言って別にツンデレでもないような気がするのは僕だけでしょうか。「か、勘違いしないでよねっ」というテンプレの使い方が普通のツンデレとは一味違う、そんなところも彼女の魅力です。

恋愛ラボ(3-02)
そして友達思い。というか、サヨが好き。自分が把握していないサヨの友人の出現に、あからさまに不機嫌になる辺り、とても愛い。半眼で口を尖らせて……いまいち納得してなさそうだけど、それ以上は追及しないのも好印象です。エノは割と引き際を心得ていて、決してワガママや自己本位が過ぎることはありません。多分。

恋愛ラボ(3-04)
そんなエノには、ダメな無職兄貴がいます。前巻では「スパッツの空気読めなさには心底ガッカリする」なんていう、一般人をドン引きさせる上にスパッツスキーを敵に回す迷台詞を残した彼ですが、今巻でも大活躍。女子の笛を舐めたりはしてないけれど、椅子の匂いを嗅いだりはしてたらしい彼は、エノを泣かせてしまうのです。どうしようもないなー、と笑おうと思ったんだけど、実はあんまり笑えなかった(←×

まあエノの可愛さは勿論、その他にも魅力溢れる作品ですので、気になった方は是非お手にとってみて下さい。店舗で購入するなら、イラストカードが付くとらのあなか、『Smileすいーつ』とセットになっている折り本が貰えるCOMIC ZIN、COMICS JUNKUDOがオススメ。

(ここから追記)『莉子のヘアスタイル集を作ってみたよ~ 《誰得続刊レビュー》 宮原るり「恋愛ラボ」3巻』("オトコでも読める少女マンガ"さん)という記事が、面白い。
リコってこんなに髪型しょっちゅう変えてたんだ……オシャレな子ですね。エノのふわふわな砂糖菓子みたいな髪と違って、素直な髪質だからこそ、これだけ色々なスタイルに変えられるんだろうな。

宮原るりさんのサイトはこちら→"ヘッポコロジー"

関連:『恋愛ラボ』(2)感想
宮原るりさんサイン会(09/01/10)



テーマ:漫画の感想 - ジャンル:アニメ・コミック

まんがタイムコミックス | トラックバック:0 | コメント:0
[ 2009/07/10(金) 02:40 ]

毎週火曜はチューズデイ!/ÖYSTER
チューズデイ!
チューズデイ!(-03)
帯にはボマーンさんのコメント付き。『ヒントでみんと!』(こんな作品です)の、みんととチューズのコラボ4コマも載ってたりします。

まんがタイムオリジナルで連載されていた4コマ漫画の単行本。
チューズ(ネズミ達)が繰り広げる、楽しみとスリルに満ちた日々が描かれた作品です。連載終了時は単行本化されなかったらどうしようと不安に思ってたわけですが(その時のエントリはこちら)、無事に刊行されて良かった良かった。

試読はこちらで。

基本的に、チューズの間に性別以外の区別は設けられていません。たまにカラフルなのが混じったりはしてるけど、そのネズミが他のネズミと違うのは色だけで、他に違いはなし。また、頭の良さげなネズミは眼鏡をかけていたり、年寄りネズミには立派な髭が生えてたりもしますが、それも記号に過ぎず、同じ外見のネズミが登場しても同一ネズミかどうかは分かりません。なので、主役も脇役もないわけです。そういう点では、チューズは非常に没個性的。

チューズデイ!(-01)
そういった部分を武器にしてる4コマもあったりします。腕組みしてるネズミの傾いでる様が何故かおかしくて、吹き出してしまいました。それはともかく、後ろ姿しか出てこないネズミが気になります。どんな思い出があるっていうんだろう。

さて、上に書いたように個々のチューズに個性はありませんが、視点も文化も僕ら人間とは異なる彼らが動き回ってるだけで、十分に楽しいです。チューズであるというだけで、人間から見れば立派に個性的ではあるんですよね。
あと、チューズはやたらと「チュー」という言葉を絡めたダジャレが好きなので、そこにもまたクスリとさせられてしまう。

チューズデイ!(-02)
僕らの常識は通用しないんだぞ、という……知識のないチューズの方がむしろ、僕らから見た本来の用途を見つけてしまう辺りが何だか面白い。

最新のまんがタイムオリジナルに掲載されている話と、web版(『火曜日はボクらの休日!!』)は残念ながら単行本に収録されていないので、気になる方はそちらも是非チェックしてみて下さい。

特典はとらのあな、COMICS JUNKDOで付く様子。後者に関しては町田に行くか、東京駅付近まで出た時に津田沼まで行くか、迷うところ。どちらにせよ週末にならないと遠出はできそうにないので、それまで残ってることを祈ろう。

ÖYSTERさんのブログはこちら→"Oに点々"



テーマ:漫画の感想 - ジャンル:アニメ・コミック

まんがタイムコミックス | トラックバック:0 | コメント:0
[ 2009/07/08(水) 01:21 ]

次のページ
copyright © 2017 漫画メモとか。 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / NetMania


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。